2014年03月27日

「百夜月〜ももよづき〜さん ライブ

百夜月〜ももよづき〜さん、ライブ!

DSC_0508.jpg

昨年に続き、琵琶 榎本百香さんと尺八 川俣夜山さんのユニット
(琵琶と尺八の組合せはとても珍しい!)
百夜月〜ももよづき〜さんの1時間ほどのミニライブを開催しました。

聞き慣れない邦楽ということもあり、最初は緊張気味なお客様も
夜山さんの尺八のわかりやすいお話や、百香さんのユーモアのあるMCで
だんだんみなさんなごんできました。

DSC_0510.jpg


最後は、春の夜に相応しい「朧月夜」で締めくくって下さいました。

とても幻想的で、こころ和やかになった時間でした〜♪


2014年03月21日

【イベント】百夜月〜ももよづき〜ライブ曲目ご紹介

百夜月〜ももよづき〜ライブ まだお席がございます。お早めに!

新之助上布展恒例となりました、琵琶と尺八の気鋭ののユニット「百夜月(ももよづき)」さん!
まだ若干のお席がございます!!お早めにご予約下さい。

* イベントは要予約です。お申し込みは、各イベント開催者の窓口、もしくは info@nibiiroshya.jp (鈍色舎)から。
*定員の余裕のある場合は当日受付を致します。事前予約+500円です。


============================

◇百夜月〜ももよづき〜ライブ

【公演日】3月26日(水)17時〜18時 定員25名(先着順)
【開場】 ギャラリーしあん1階展示会場
【会費】 事前申込 2000円
     当日受付 2500円
     ※軽いおつまみと1ドリンク付き

【ライブ開場】16:30(16時より、セッティングのため会場一時クローズとなります)
【開演】17:00
【終演】18:00
 ※会場は19時最終閉場です。

【申込】info@nibiiroshya.jpまで、
お名前/参加人数/ご連絡先メールアドレス/携帯電話(緊急ご連絡用)を明記のうえ、メール送信下さい。
折り返しご確認メールをお送りします。
送信から2日以上返信のない場合はメールトラブルの可能性もありますので、再度ご連絡下さい。



百夜月〜ももよづき〜 琵琶 榎本百香 尺八 川俣夜山
心に響く和楽器の音色。琵琶と尺八による気鋭の音楽ユニット

百夜月〜ももよづき〜さんは、前回の新之助上布とその仲間達展でも、演奏下さいました。
昨年に続き、今年も新之助上布で制作したドレスを着て演奏下さいます!
お着物での演奏も素敵ですが、百夜月〜ももよづき〜さんの演奏は、古典曲、演奏者の作曲、親しみやすい曲、現代曲など
幅広いレパートリーを披露して下さるので、ドレスでの演奏もステキ。

予定曲目(時間の関係で変更の可能性もありますのでご了承下さい)
琵琶古典曲・那須与一
尺八古典曲
村祭り
歌垣(杵屋正邦作曲)
東風(榎本百香作曲)
山頂の狼月に向かって吠える(川俣夜山作曲)
朧月夜

爽やかな曲、軽やかなリズムの曲、そして古典曲、鋭い感性の曲〜レパートリーをゆるくて楽しいMCと共に。
飲み物(お茶、もしくは日本酒もしくは白ワイン)と軽いフィンガーフードもしくはお菓子付き。
楽しい邦楽の世界に、気軽に入り込んで下さいね。

演奏曲 「東風」を、榎本百香さんの公式サイト内
オリジナルPVで試聴することが出来ますので、ぜひ聴いてみて下さいね。
http://www.momobiwa.com/


川俣夜山オフィシャルサイト
http://yazan.bitter.jp

=================================

blog2.JPG012.JPG

2013年04月29日

5/11「落雁と季節の会」フレッシュなレモンの落雁を作ります☆そして。

落雁と季節の会Vol.8 〜涼やかなる新しい風
ぺたこさんと彩詠さん、のお二人から落雁づくりを習いつつ、美味しく頂きます。

5月11日(土)14:00〜16:00(会場はお二階です。)

お申し込みは、「落雁と季節の会グログ」から受け付けます。毎回人気のこの会、お早めに!こちらからどうぞ。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

近江上布(新之助上布は、実は近江上布でもあります、ご存知かしら?)のふるさとは琵琶湖。
近江商人がせっせと全国へと広めた歴史のある「近江上布」

立夏を迎え、お新茶も出始める季節になりました。
今回、主催者が無理をお願いして「新之助上布とその仲間たち」展で
ぜひ「落雁と季節の会」を開いて頂くことができました。

10名くらいで,和気あいあいと、きものを着た方、着ていない方
美味しい落雁を作り、出来立ても頂きます。楽しい美味しいお持ち帰りがいろいろあるのです。

そんな和やかで、ささやかで、でもとても心が穏やかに、そして「落雁って、こういうものだったの!こんなに美味しいの!」
いろいろな「仕掛け」をして下さる、ぺたこさんと彩詠さんの、遊び心。
日本のものって、落ち着くな、楽しいな。と思わせて下さるのです。

a0254466_15134579.jpg


a0254466_15152782.jpg


上布という麻布は、なぜ「上」布なのか?「将軍家に献上される布だから」「最上級の麻布だから」の主に二説がよく語られます。
でも、麻の着物は、カジュアルなんです。とても上質な、カジュアル。そんな上布に相応しい、爽やかな初夏の味、レモン味の落雁と「お福分け」の型を用意して下さいました。

++++++++++++++++++++

5月は、熱い夏に向けて、
新之助上布のようにカラフルに柔らかくもシャキっとした落雁。
目で、舌で、そして上布を触って、夏準備をしてくださいね。
カタチの由来、味のコト、上布のコト、近江のコト。
いろいろ交えてお伝えします(^^)/
<落雁と季節の会ブログより抜粋させていただきました。>