2018年03月14日

こころやです、今年も染まりました。

今年も、上質な新之助上布の綿麻の白生地に、千花のイケメン木下君に墨を流してもらいました。
墨流し自体はシンプルな技法ですがシンプルだけに作り手さんの個性が出ます。千花さんの染めたものは「透明感と爽やかさ」があります、それが春夏の日差しの強さに映えるんです。
生地由来の垂れ感、シルエットの良さに、スッキリとした柄行きで、大人きれいコーデをどうぞ。

29067058_1693749544038477_7307288973221560320_n.jpg

29063694_1693749550705143_2990448345085902848_n.jpg

ちょうど先ほど師匠から「シボ加工が上がったから送るでー」と電話がありました。
これは染めているときの写真です、これから近江へ戻してシボ加工をしてもらいました。毎年ですが新作は「仲間たち展」でお披露目はじめです。

基本、色無地のコーデの要領で帯あわせがしやすいです。配色の加減で差し色が肌のツヤ感をアップ、なんとも優しい肌映りになるんですよ。

こころやは、その他、師匠が心を込めて織られる素敵な風合いの新之助上布に合う帯や小物たちをチョイスして持って行きます。私は、土曜、日曜の在廊です、金曜日は留守を致します。
posted by 仲間達展 at 16:10| Comment(0) | 出展者紹介・商品情報等
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: