2014年03月09日

梅屋×新之助上布 本麻2014!!

切り絵ロゴ横s.jpg
モダン着物小物 梅屋です。

梅屋は、自分らしく、自由に、おしゃれに着物を楽しみたい方のための着物と小物のネットショップです。
商品のほとんどを占める梅屋のオリジナル商品は、その道の職人とのコラボにより製作し、本物の作りでありながら、モダンなデザイン。
日本から消えつつある素晴らしい手仕事や職人技を、今に生きるファッションとして楽しめる商品を目指し、力を入れています。


そして・・・
織り上がって来ました、梅屋×新之助上布 本麻の反物 2014年版!

昨夏の分は、おかげさまで完売御礼にて大変ご好評いただきました!
今年の分は、かなり早い時期から「次は絶対に手に入れたいんです」というお声を多数頂戴しております。

そんなありがたいご期待のお声を頂くと、嬉しい反面、ちゃんと織り上がって来るかしら?という緊張感もアップしますが・・・
しかしやはり、やってくれました、あのおっちゃん!
おっちゃんてのは、おなじみ師匠=新之助上布の伝統工芸士 大西實氏ですよ。
うっとりするような美しい色合いに織り上げて下さいました。


それが、こちら!
IMG_0306.jpg
これ、染めているんじゃないですよ。
織りでグラデーションにしているのです。

これまでの梅屋×新之助上布は、ぱっきりした縦縞または横縞で「ストライプ」「ボーダー」といった柄が特徴だったのですが、今回はその逆を行く「境界線がもやっとした柄」。これがテーマです。

新之助上布のような先染めの織物は、経糸と緯糸の組み合せで色や柄を表現します。
その経糸一本ずつの色を変えたら面白いんじゃないかな〜と思ったのが、きっかけです。
師匠しばらく頭抱えていたみたいですけどね・・・

後染めの着物でぼかし染は一般的ですが、織りでこれを表現するってかなり大変そうだなというのは私のような者でも分かります
染めの着物みたいなぼかしにならないのは分かってるから、なるべくなんとかお願いします・・・と託しました。
整経屋さん(織る前に経糸をセットする職人さん)も、さぞかし大変だったことと思います。
1,078本もの糸全てを使ってきれいなグラデーションにしなければいけないんですから・・・どこか一本違ったらバランス悪くなるでしょうね。
想像以上に美しく仕上げて下さった職人さん達に、感謝!感謝!!です。


色は、イエロー系、ピンク系、ブルー系の3種。
IMG_0309.jpg
緯糸は、3色ボーダー、ボーダーなし、4色ランダムボーダーと変化をつけて、全ての反物の色柄を変えています。
同じ色柄は1反しかないので、お気に入りが見つかりましたらお早めにどうぞ。

また、半幅帯も仕上がって来ました。
IMG_0308.jpg
40cmごとに色を変えて織っているので、締め方でいろんな色を出して楽しむことができます。
裏はクリーム、ブラックの2色。無地の新之助上布です。

先日、端切れを鼻緒に仕立てに持って行ったら「まぁ〜キレイねぇ・・・」とうっとりと言って頂きました。
こちらの鼻緒もお持ちします。
お好きな下駄の台と組み合わせて、お好みの一足を作ることができますので、お楽しみに!

そのほか、梅屋定番人気の帯揚げや半襟などもお持ちします。

多くのお客様にご覧頂けると嬉しいです。
皆様のご来場を心よりお待ちしております!!
posted by 仲間達展 at 20:39| Comment(0) | 出展者紹介・商品情報等