2013年05月02日

型染「小倉ワールド炸裂」を期待しています、先生っっ!

型染作家 小倉充子さんと新之助上布は以前からの交流があるのです。

現在今年の夏浴衣として発表の「オグラカタビラ」
(小倉充子さんの型染浴衣)も新之助上布の生地を用いています。
もう、そうなったら間違いなく極上品です。型染は小倉充子さん、生地は新之助上布
・・・日本酒が進みます?

小倉充子さんの今年の新作「オグラカタビラ」は三越の展示会を皮切りに、
この「新之助上布とその仲間たち」展を挟んで、三渓園の「日本の夏じたく」展へ〜と日本中を巡回予定です。

しかし、小倉ワールドを気軽に買えちゃう作品が、新之助上布展には登場します。
小倉先生のオリジナル品小物。
小物って?・・・それは、あっとビックリ、かもしれない、意外性。

「気になる!」と思ったみなさま、コレは早々に無くなるレア品ですので急いでね。
小倉さんに無理を申して、作っていただきました。
ありがとうございます!


DSC_0078_ブログ用.jpg


DSC_0054_ブログ用.jpg


☆美しすぎる、仕事する手、作業着のお姿。
*** 撮影:本間直子

小倉充子さん プロフィール
1967年 三代続く神田神保町の履物屋「大和屋履物店」(町内での通称「角の下駄屋」)に生まれる。
1994年 東京藝術大学 大学院美術研究科デザイン専攻修了。その後、染色家・西 耕三郎氏の下で江戸型染を学ぶ。
1997年 「小倉染色図案工房」として独立。きもの、手ぬぐい、下駄の花緒、暖簾など、多様な型染め作品を制作する。
図案、型彫り、染めまで、ほぼ全ての工程を一貫して手がける
posted by 仲間達展 at 00:23| Comment(0) | 出展者紹介・商品情報等